当店ではカメラのシャッターを正確に測定し、その結果を「シャッター測定検査証」としてお客様にお渡しします。
測定器はカメラメーカーでも使われている、最新・高性能カメラテスター、測定値は1/12000秒〜30秒まで可能です。
測定方法は各速度を10回測定し、その平均値を表示します。

  測定料金(シャッター測定検査証付)  税込み 

 1台 ¥2,100   2台 ¥3,150   3台以上 ¥1,200(1台)
 

現在、測定対象カメラ機種は次の通りです。

CANON      一眼レフ全般                NIKON      一眼レフ全般
PENTAX     一眼レフ全般                MINOLTA    一眼レフ全般
OLYMPUS    M-1以降の一眼レフ全般         その他      M42レンズ装着カメラ

上記以外のカメラ・レンジファインダーは、お問い合わせ下さい。

シャッター測定に関して以下の点をご注意下さい。

フォーカルプレーンシャッター(2枚のシャッター幕)カメラ(縦走り・横走り・チタン・布幕)は幕速も測定。
レンズシャッターカメラは中央の露光測定になります。
デジタルカメラは測定対象外となります。

任意でシャッター速度を選択できるカメラ

・測定はレンズの絞り(F値)を固定した状態で、シャッター速度を変化させます。従いまして、カメラ本体にシャッター速度切り替えダイアルがある場合は問題ありませんが、プログラムモードやオートモードしかないカメラは測定対象外になります。
【例】ペンタックスMEsuperはMモードがあるので測定可能ですが、MEはAUTOだけなので(Xは除く)シャッタースピードは表示しますが、任意でシャッタースピードを選べません。ES、ESUは1/1000〜1/60のみとなります。

シャッターが安定しているカメラ

・シャッター測定中は100回以上シャッターを切ります。測定中にミラーが止まったり、シャッターが止まるカメラは正確に測定できません。事前にシャッターの動作チェックをお願いします。特に布幕シャッターを使っている古いカメラは、シャッター幕・リボンが切れる時がありますのでご注意下さい。その様な場合は当店の判断で測定を行わない場合もありますのでご了承下さい。



                                        

写真を撮る上で露出が重要なのはご存知かと思います。古いカメラでも露出計が正常に機能しているカメラも多く存在しています。しかしながら製造されてかなり経過しますと、どうしてもシャッター速度に狂いが生じてきます。特に布幕シャッターの場合は速度が1段違っているカメラも見ます。オーバーホールをすれば良いのですが、費用が・・・そのような時にシャッター速度の測定をお奨めします。